column

vol.4 「10cc」のウラオモテ
2017.3.28

 

今日の味噌汁薄いなー、と思ったとしても口に出せない僕。
もちろん、しっかり出汁を取っているお味噌汁を、
えー、作っていただいておりますので
あー、そんな事実は無い訳でありますが、
えー、刑事訴追の可能性がありますので
あー、答弁は控えさせていただきますと共に、
忖度、並びに斟酌いただきたく存じます。※時事ネタです。

閑話休題。

何にも「ちょうど良い濃さ(濃度)」というのがあります。
コーヒーもそうです。「10cc」違うだけで全体の印象が違います。
もっと厳密にも言えますが、この辺で止めておきます。
毎回味が違ってお困りの方は、一回ちょうど良い濃さのコーヒーを飲むと良いです。

////////////////////////////////////////////////////////

◎いつものドリップ道具に加えて用意する物
・クッキングスケール(1g単位で測れるもの)
・ビーカー(量を正確に測れる容器)

◎方法
1.挽いた後のコーヒー粉の重さを1g単位で測る。
2.コーヒー粉の重さの「10倍」の量を抽出する。

例)挽いた後のコーヒー粉の重さが14gの場合
ドリップ抽出量=14g×10=140cc

////////////////////////////////////////////////////////

前回、「うんちくはしばらく眠らせる」と言いましたが、
これは「うんちく」というより提案であります。
参考:vol.3 コーヒーの「うんちく」

従いまして、同様の内容を引き続き掲載していくかは、
皆様の反応を見ながら適切に開示していくものであります。(笑)

PAGETOP