column

vol.9 遺伝
2017.5.2

 

ようやく花粉症が収まり始めました。もうGWですね。
今週の県北弁は「いったりかったり」。
//////////////////////////////////////////

県北弁)「いったりかったり」遊びさいぎすなよ!
標準語訳)「気ままな判断、タイミングで」遊びに行くんじゃないよ!

//////////////////////////////////////////

そういう僕は、いったりかったり遊びに行って怒られておりました…。

映画を見に行く

先日、実話が実写化された映画を見ました。「LION」http://gaga.ne.jp/lion/
あらすじは、インドで迷子になった当時5歳の少年が養子先のオーストラリアで成長し、
25年の時を経て故郷の母に会いに行くというもの。いわゆるハンカチ必須の内容です。

映画と言えばお決まりのポップコーンを買い込み、子供二人をトイレに行かせて準備は万端。
鑑賞スタートです。

思わぬラストが…

途中、息子がポップコーンをこぼすも、ズボンの上でセーフ。息子も親に見つかるまいと
慌てて口に放り込んでおりました。お父さんにはちゃんと見えてますよ!

物語は進み、一気に感動のラストへ駆け上がって行こうとしたその時です。

「おとうちゃん、オチッコ」

偉大なる娘による無慈悲な鉄槌が下った瞬間でした。※時事ネタです。

詰めが甘い

鑑賞前にトイレに行かせたのに、と思いきやポップコーンに付属の500ccジュースを
飲み干していました。そりゃ出るわ。トイレから戻ると肝心のシーンは終わり、スタッフロール。
くしゃみをし損ねた感覚と同等の(いや、映画はお金を払っているのでそれ以上)、
収めどころの無いやるせない気分で映画館を後にしたのでした。

そして気が付く

「いったりかったり」トイレに行くという間の悪さ、責めることはできません。
なぜなら、それは遺伝だからです。
※僕の「間の悪さ」はこちら→http://charliecoffee.jp/column/vol-7

それではまた次回をお楽しみに、サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ!

PAGETOP